雑記・豆知識

解約あっさりNHK受信料!テレビ処分~解約完了までの体験をご紹介

NHK受信料の放送受信契約解約届出書

とお悩みの方へ!

この記事ではテレビの処分をきっかけに、あっさり解約できた体験談をお伝えします!

解約の申込み先~手続き内容だけでなく、参考になったテレビ撤去の証明方法7つもありますよ♪

「NHKに言いくるめられそうで不安…」という方は、ぜひ読んでみてください!

きっと解約する勇気が湧くと思います^^

放送受信契約の解約条件2つ

NHK受信料の解約条件は、次のいずれかに該当すればOKです!

解約対象

  • 住居に誰も住んでいない場合
  • 受信機がない場合

NHK受信料の窓口-放送受信契約の解約
今回は条件②の体験談になります♪

リアルな体験談!解約手続き4ステップ

ボクは次の4ステップで解約できました!

解約手順の流れ

  • 家電リサイクル券の入手
  • NHKに電話で解約申込み
  • 解約書類の記入~返送
  • 返金振込の確認(完)

1.解約をスムーズにする『家電リサイクル券』

テレビを捨てる時に使う「家電リサイクル券」!

これがあると、テレビを廃棄したことが簡単に証明できます!

実は解約時に、NHKから証明書の提出を求められるのです…

そうとは知らず、ボクは危うくリサイクル券を捨ててしまうところでした^^;

解約手続きがスムーズになるので、大切に保管しておきましょう!

証明書がない方へ

テレビ販売などの証明はコチラを参考にしてください^^

2.解約の問い合わせは『NHKふれあいセンター』へ

解約は「NHKふれあいセンター」に電話して申込みをします。

心配しなくても大丈夫!

総務省の改善措置のおかげか、オペレータの対応も丁寧でしたよ^^

NHKふれあいセンター電話番号

  • 0120-151515(無料)
  • 0570-077-077(有料?)
  • 050-3786-5003(有料)

受付時間:午前9時~午後6時(土・日・祝日も受付)
12月30日午後5時~1月3日のみ利用不可
NHK受信料の窓口-放送受信契約の解約

電話をすると自動音声が流れます!

解約申請は「その他・お問い合わせ」を選べばOKです♪

手元にあると安心できる物

電話前に、次の物があると確認事項を減らせます!

用意するといい物

  • 撤去日が分かる物(家電リサイクル券など)
  • 通帳(返金振込用の口座)

なくても大丈夫ですが、あると落ち着いて対応できますよ^^

オペレータの質問とボクの回答例

オペレータに電話がつながったら『テレビを廃棄したので、受信契約を解約したい』と伝えましょう!

あとは以下の質問に答えていくだけです♪

オペレータの質問 ボクの回答例
電話は本人? はい
テレビの購入予定は? ありません
他にNHKが見られる物は? ありません
お客様番号は? わかりません
登録の電話番号は? 電話番号は~
氏名・住所は? 名前は~、住所は~
廃棄日はいつ? ○月△日くらい
証明できる物は? 家電リサイクル券
解約届は登録住所に送ればいい? はい
返金振込用の口座は? ○✕△銀行
口座番号は~

シツコイ質問もなく、すんなり解約申し込みができました!

あとは1~2週間で届く解約届出書を楽しみに待ちましょう♪

3.解約書類の記入~返送

申請から6日後に届いた解約書類の中身は、次の3つが入っていました!

封筒の中身

解約届の書き方

解約届の記入部は、画像の5ヶ所になります!

記入事項

  1. 記入日
  2. 撤去した受信機の数
  3. 解約理由
  4. 署名+印
  5. 今後の予定

気をつけてほしいのが②と⑤です!

なぜなら②は「証明書の数」⑤は「予定日に再契約」とも読み取れるからです。

どちらも契約続行・再契約になりかねないのでご注意ください^^;

NHKに返送して申請完了!

あとは返送封筒に「解約届」「証明書コピー」を入れて送り返せば完了です!

よければチェック用に画像をお使いください♪

4.返金が確認できたら解約成功!

通帳でNHK受信料の返金確認→解約完了

6ヶ月/12ヶ月契約の場合、過払金の返金があります!

NHKからの連絡はないので、1ヶ月後に指定口座の確認をしましょう。

入金されていれば、無事に解約完了です♪

これまで払い続けたご褒美に、節約できたお金を自分に使ってあげてください^^

「証明書がない」を防ぐ参考例7つ

ボクは家電量販店にお願いして「家電リサイクル券」を発行してもらいました!

リサイクルショップ/売買サイトなどでテレビを処分すると、どう証明しようか困ってしまうもの…

そこで参考になる証明方法を見つけたので、簡単にできる順で紹介しますね^^

参考例

処分方法 体験談サイト/証明方法の概要
家電量販店
自治体の指定業者
指定引取場所への持ち込み
[本記事]
家電リサイクル券を発行
リサイクルショップ 体験談1:売買証明書の利用(例|ハードオフ)
体験談2:領収書+買受伝票の発行願い
体験談3:自作売却証明書に記入願い
売買サイト 体験談4:売却画面のスクリーンショットのメール送信(例|ジモティー)
体験談5:取引画面のスクリーンショットの印刷(例|ジモティー)
体験談6:取引画面の印刷(例|メルカリ)
回収業者 体験談7:素直にないと謝る

※『体験談…』をクリックすると、参考サイトが開きます。

証明書がなくても解約できる例もありました!

ない場合は、NHKに相談してみるのもアリかもしれませんね♪

これでダメなら、安い中古テレビを購入・廃棄して「家電リサイクル券」を作るのが早そうです^^;

勇気を出して電話をかけてみよう!

証明書がある時の解約はスムーズでした!

ぜひ勇気を出して、電話1本かけてみてください^^b

最後に解約手順のおさらいをしておきますね♪

NHKふれあいセンター電話番号

  • 0120-151515(無料)
  • 0570-077-077(有料?)
  • 050-3786-5003(有料)

受付時間:午前9時~午後6時(土・日・祝日も受付)
12月30日午後5時~1月3日のみ利用不可
NHK受信料の窓口-放送受信契約の解約

解約手続き

  • 家電リサイクル券の入手
  • NHKに電話で解約申込み
  • 解約書類の記入~返送
  • 返金振込の確認

この機会に不要なNHK受信契約は解約し、年間15120円(地上)~27360円(衛生)を節約しちゃいましょう♪

\よかったらシェアお願いします!/

-雑記・豆知識

Copyright© モクの村 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.